よぎーへの旅

久々に降り立った、ケアンズの国内線空港、ドメスティックのエアポートはだいぶキレイになって、軽く驚きだった、というのが久々のケアンズなのですが、とりあえず色々な諸事情があり、ブリスベンから日本への帰宅途中に、どっちにしてもケアンズからじゃないと成田への便がない為、それだったら、という事でちらっと寄っているんだけれども、ブリスベンとは違い、かなりの暑さと紫外線の強さに肌が早速、ひりひりとしている次第です。

分かってはいたけど、ブリスベンのようなオーストラリアの都会の街から来ると、妙にケアンズののどかさが、田舎過ぎて、なんだかのんびりしすぎる事に罪悪感が出てきてしまいそうだ。

よぎーへの道というものは、『自分自身への旅でもある』という言葉をヨガティーチャートレーニングコースの始めの言葉をふと思い出す。例え今コースを中断する事を余儀なくされても、自身がヨガへの道を進むのであれば、それがいかなる形であっても、その道自体がヨガ道であると思う。年齢を重ねるごとに経験も重ね、幸せや喜び、悲しみや辛さも全て積み重なる。この積み重ねひとつひとつのレイヤー(層)が合わさり、今の『自分』を作っている。その一枚一枚全てが大事なものであるから、忘れてしまってはいけないと思うし、その一枚一枚を繋げるJointになりうるひとつの手段として、ヨガを楽しんでみるのもまた面白い。笑

ともあれ、先日ブリスベンでの最後のヨガを満喫する事が出来た。わたしが通っているMy Health Yogaのクラスの中でも、今一番はまっているのが、Ashtanga Yoga。ヨガ業界では良く耳にするではなかろうか、ポーズからポーズへ流れるようにシッティングとスタンディングのポーズを太陽礼拝(ヴィンヤサ)スタイルで続けていくもので、いつも火曜日はアシュタンガのプライマリーシリーズなのである。クラスではフルではやらないものの、最後のリラックスポーズを含めても2時間はかかってしまうモノなのだが、このアシュタンガはかなりの勢いで体に負荷を感じ、わたしはいつも汗だくになるかなりフィジカルなヨガなのだ。

これを毎日やるのがヨギーを目指すものとしては、ベストなのだろうけど、流れを全て覚えていないという事にプラスし、日々の生活に取り組む事が出来ていないので、わたしは週1回を心がけているが、それでもこのアシュタンガはなんとも素晴らしい!事にいつも翌日は気持ちの良い筋肉痛に襲われるのだ!

ヨガというのはどこでも出来るから素敵である。なんとかビーチまで走りこみを入れて、早朝のヨガなど、ケアンズにいる間に取り組んでみたいものである。


人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。なんだか、再び国から国の移動になって、複雑な心境ですが、今後とも応援よろしくお願いします☆

SOLD OUT 自転車SALE-$30です。

本当に唐突なのですが、バイク(自転車)売ります。
↑↑SOLD OUT THANK YOU!!

*****自転車/Bike ******


-$30
-マウンテンバイク
-18段ギア付

前輪のブレーキにやや難ありですが、まだまだ全然動きます。ヘルメット、鍵、ライト全てセットで$30。 22日にわたし自身がブリスベンを経ってしまう為、急ぎで探しています。結構大きめの自転車なので、女性にはあまり不向きかもしれません。男のわたしがのっても結構いっぱいいっぱいの大きさなので。(購入時は$100で中古で買っています、少し古いですが、自転車としてはまだまだしっかりしていると思います。)

連絡先:0413392178 又は kodaica@gmail.comまでご連絡下さい。
基本的にいつでも電話出れます。

*場所はニューファームですが、シティ周辺であれば持っていく事も可能です。

***************************************************


と、本当に突然なのですが、コレというのもなかなか色々な諸事情があれやこれやとあり、ブリスベンを離れなくてはいけなくなってしまった為、どうしてもバイクを手放さなくてはいけなくなってしまったのです。

この辺りの諸事情はまたおいおい綴っていきたいのですが、てんやわんやで帰国準備にドタバタとしてる次第です。そのおかげで、よぎーへの道はまだまだ長い道のりになってきそうない勢いだけでも、まだまだ頑張る為、しっかりとヨガの時間を作って、よぎーを目指して行こうと思う。と、いう訳でヨガの先生にも挨拶に回って、最後に一番好きなアシュタンガのクラスを受け、感謝のご挨拶をしにいこうと思っている雨上がりの午前だったりもする。

ワタ グッドモーニング


偶然見つけた、JazzバンドはBrisbane Festivalのショー探しに夢中になっている時で、The Rooftopsというジャジーでファンクな、なんといっても音楽を聴いているだけで体が勝手に動き出してしまいそうな、素敵なバンドだ。

正直、ブリスベンの音楽シーンに関してはあまり期待していなかったのは個人的に否めないのだが、出会う時は出会うものだ。ついにものすごい人ごみに覆われたブリスベンRiverFireにてブリスベンフェスティバルがオープニングを迎えたのだ。

Brisbane Festivalに関してはとにかくVenue(会場)が多すぎるので、近場で何か良いものはないかと探していたのだが、実際わたしの住むニューファームにはアーティストの集まる、ブリスベンきってのアートシアター Power Houseをはじめ、とにかく質の良いshowが集まりすぎている。予算の問題もあるから、あれやこれやと行くわけにはいかないのだが、ブリスベンのパーティと言えば、もうココしかないと声高々に宣言したいChina Town a.k.a Valleyでもなかなかお洒落なバンドが集まってきているみたいだ。

そこで、片っ端から我らがyoutubeで探して偶然にして出会ったのが、The Rooftopsだ!
写真の感じもイイ!音楽ジャンルもヨサソウ!しかもValleyにクル!よしよし、コレは良さそうと、頷きながら彼らのウェブサイトに突入して流れて来るグルーヴは、久々にヒットのJazzサウンドでなんだか元気の出てくる明るい、グッドテンポのサウンド!

たまらない音楽性のお洒落さに、ヨシ彼らを見に行くぞ!とちょいと気合を入れるとなんたって、チケットはSOLD OUTという悲しい結末だった。

せっかく生でThe rooftopsの演奏を聴くチャンスだったのに、ちょいと出鼻を挫かれる。$15という安さだったし、やはりなかなかの人気者なのだろう。

でも、ココまで出掛かってきたこの生バンドを聞きたい欲求がどうして抑えられようか!?

バンクーバーのJazz Festival以来、本格的にはまり始めているJazzなのだが、ここオーストラリア・ブリスベンもJazz Barのクオリティは非常に高い。デザイナーの質も高いし、混んでいないので、目の前で質の高い演奏を見れるのも魅惑のブリスベンだ。

お気に入りのValleyのジャズバーに我慢しきれずに足を運んだ金曜日。きらきらに輝くValley。心地よいJazzy Soundがこぼれ出てくるバー。ブリスベンフェスの影響もあってか、ジャズバンドが演奏をしている♪良い所で飲むtap beer格別の味である。最近のお気に入りは勝手にキャッチフレーズをつけるとしたら、

【緑に輝くフレーバー、Cascade Green/from Tasmania】

さてさて、おもむろにステージに上がってバンドを見ると、おやおや?
どっかで、見た事あるんぢゃないか? 音楽が流れはじめると。。そう、このセンスのイイ音は…。 Here is the Rooftops on Friday night. まさか諦めていた、ルーフトップスが目の前に突然現れたのだ。

特にわたしは個人的にジャズのベースとキーボードのソロが大好きだ。もちろん、サックスも素晴らしいし、トランペット、ドラムも言う事なしだが、予想以上に素晴らしいのは、すごく素敵なthe rooftopsのKeyboardの女の子。生で聴くと想像以上にキーボードの存在感があり、the rooftopsの音を作り上げている。

まさかの偶然で出会ったthe Rooftopsのみんなは、とてもフレンドリーでめっちゃ話しやすいメンバー達で、やっぱりカナディアンとは違いオージー!って感じも醸し出していたなぁ。マイスペースで音楽も聴けるので、気になったらfeel the groove on my space, The Rooftops.

What good morning♪と始まる陽気な音だ。ブリスベンの音楽シーンは掘り出せばどんどん出てきそうだ。なんたって、お洒落すぎるルートップがあるバーはごろごろしてるし、そこにある音楽はエネルギーに満ち溢れ、とても落ち着くのだ。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。ジャジーなブリスベン♪ Jazz好きにはたまらないですよー。せっかくブリスベンフェスで良いアーティスト集まるので是非この機会に!ついでにぽちっとよろしくです! Cheers!

芸術の都、ブリスベン


まさに今、今週の土曜日に迫りに迫った、ブリスベンフェスティバルの事は、最近ブリスベンに住むBRISIEE(ブリジー)なら耳にしてるに違いないと思ってる次第なのだが、何かとこのフェスティバルはオープニングナイトの花火がフィーチャーされがちである。

確かに、冬とはいえ、今は8月だし、なんだか日本人としては、8月=花火の方程式が、脳みその中で自動計算されて、『おっ!花火!』となってしまうのだが、ちょっと落ち着いて辺りを見回すとこのブリスベンフェスティバル a.k.a Brisbane Festival 2010 は、一言で言うと・・・オーストラリア国内外から一斉に斬新で、するどく、脳のセンスに切り込んでくる素晴らしいアーティストが集まる、芸術のファイアーワークスならぬ、アートワークスなのだ!

無料で見れる、7時半から行われる花火は、あくまでオープニングセレモニーに過ぎず、その夜King George Squareはダンスフロアと化す。

とまぁ、芸術・芸術、アート、ミュージック、アート、ダンス、アートとちょっとクドイくらいかもなのだけれでも、例えばどんなアートの事を指すのか?というと・・・かなりヨーロピアンな感じのスタイルで、日本でまず見る事の出来ない選りすぐりのSHOWである。

分かりやすくいうと、バレエやオーケストラ、オペラ、モダンアート、サーカス、パフォーミングアーツ、コンテンポラリーダンス、コンサート、あれやこれやと騒げど、これでもかというくらいの芸術的なエンターテイメントが集結する。特にこんな言い方はないのかもしれないけど、すごく品のある芸術を見せてくれる。

面白いアイデアとして、わたしが一目置いているのが、トップの写真のThe Dirty Brothers による、The Dirty Party.  じゃー、こいつら何やるんだって、言ったら、わかりやすく言うと、オーストラリア版電撃ネットワークだ! 自分で言っておいて、これ以上ない分かりやすい説明だと思ってしまうのだが、電撃ネットワークをご存知ない方は、ダチョウ倶楽部の南部 虎弾率いるTOKYO SHOCK BOYSと、微妙なプチ情報を織り交ぜつつ、ようは体を張った、無茶苦茶なフィジカルコメディと称されている。

The Dirty Brothersってのは、そのまんまで、無茶苦茶な事ばっかりする。針を体に刺したり、かみそり食べたり、花火で体を洗ったり?にかく過激なパフォーマンスで、オーストラリア人を魅了して止まないのだが、こいつら本当に無茶苦茶だと思う。もちろん、心臓が弱い方やグロテスク系に興味ない人にはオススメしないのだが、念の為、リンクはコチラ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=6d2t_2kQsqc

他にもAustralian Idolのウィナー、Casey Donovanも来るし、パフォーミングアーツの次元は尋常じゃないと思う。これが、9月4日から25日まで各地行われるなんて、と想像すると興奮も隠し切れないであるのである。あー、もう芸術欲の刺激のされようったら、たまらない。

もう、コンテンポラリーダンスもサーカスの粋に達してるし、インドネシア民族とパフォーミングアーツの融合だって、見る事ができるのだ。こんなのって、こんなのって、本当に素晴らしくて、とにかくこの興奮を伝えたいのだが、経済的にこれらを見るのなんて、難しいから歯がゆいのだ。

しかし、興味があるなら、是非ブリスベンフェスティバルのHPをCheck out OR パンフレットをゲットして頂きたい。

ここじゃ、全て書ききれない事が全て書き尽くされているし、フリーのSHOWもそりゃたくさんあるさ。ちなみに、9/19 11am-5pmhはWest Endのストリートがミュージックライブストリートとなる。お洒落な音が弾け飛ぶブリスベンは全てが芸術性に富んでおり、まさにまさに海や自然のイメージのオーストラリアの中の芸術の都ブリスベン、お洒落すぎると興奮を治めきれない、フェスティバル前の日々である。

どんだけ、アーティスティック&サーカスティックなの?と思わされる、パフォーミングアーツ注目度、ナンバー1 KODAIランキング9/1付 はSUTRA↓↓↓



少林寺拳法をベースとして、ヨーロピアンのコレオグラファーが繰り広げる、パフォーミングアーツというか、パフォーミングムーブメント SUTRAも尋常ではない。。伊達に、Brisbane Festivalの表紙になったり、町中であちこちにでっかい写真が散らばってる訳じゃぁないぞ!



人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。アートなブリスベン♪ せっかくだから、ブリスベンフェスティバル120%満喫しちゃって下さい、ついでにぽちっとよろしくです! Cheers!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...