スケートボードを愛する人へ


横ノリスポーツの象徴と言えば、オーストラリアの色男たちがこぞって集まる、サーフィン!冬になっても、比較的温暖なオーストラリアでは、冬の海を求めて波を探す人もいる。それこそ、海には切ってもきれない存在、恐怖のシャーク(サメ)の魔の手もある事にも違いない。

正直、わたしはでっかいスティングレイをタスマニアで見て以来、ちょっと恐怖で、海に一人で攻めきれないのですが、皆さん負けじと元気に潜っていますか??

タスマニアの東海岸にひょうんな事で、友人のビーチハウスを訪れる事となった時があり、シュノーケリングセットとともに、美しい海へジャンプイン。キレイな海を見つめていたら、目の前に赤いエイ。近づくと結構でかいし、うれしくなって、近づいてみるものの、そこから先は、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ピンと尻尾を真上、海面へと立てたスティングレイ(アカエイ)は、こっちを凝視しながら、ゆっくりと見ている。その、瞬間によぎったのは、あのクロコダイルハンターのスティーブ・オーゥエン。猛獣をこよなく愛し、クロコダイルと意思疎通さえしいえた、あのスティーブが、スティングレイの一撃によって、亡くなった事は、忘れたくても思い出してしまうほどだ。

実際、エイがどのくらいのスピードで泳げるのかも分からないので、とにかく後退するしかなかったのだが、なんとか逃げきれて、ほっとしたのを覚えているのだ。

横ノリスポーツから、かなりそれてしまいには、アカエイの話になってしまったけど、横ノリ=サーフィンもいいけれど、やっぱりブリスベンなら、スケートボーディングではないでしょうか!?と、無理やり話を、カムイ君ばりにドラフトコーナー攻めしてみるのですが、意外に待ち乗りスケーターが気持ちよくブリスベンの道を流れているのを見ると、捨てたもんじゃないとおもうことがある。

そんな、スケートボーディングを愛する人達が、待っている年に一度のスケートボーディングデイがブリスベンにもやってくるのだ!

6月21日(火)は、International Skateboarding Dayと呼ばれ、世界中で、スケートボーダー達が町中をスケートボードで、車のない一瞬の世界を謳歌する。

石油がなくなるとか、代替資源とか、節電だったりとか、いいながらも、根本的な生活を変える事ができず、車を乗り回し、あぶらと呼ばれる、限りある資源をどんどんつかいほしている!なんて、いいながら、もし世界に車がなくなったら。という事を体感する事が出来る、スケートボードすればいいじゃない!?とうイベントでもあるのだ。

もちろん、賛否両論はあるだろうけれども、アクションを起こしてみないと始まらないのではないだろうか?

そんな、ブリスベンはクーパルーのスケートパークで開催される。ブリスベンでは、道を封鎖するほどのムーブメントを起こせるのか、気になるところだけれども、この日ばかりはCoorparoo Skate Park がBBQやフリービー(プライズ)などに溢れ、ピースフルでスケートボーディングの1日が流れる。

近所のスケートキッズたちから、大人スケーターまでのんびりと楽しく、スケートを楽しむ日。気合を入れず、軽い気持ちで見に行ってほしいくらいの、場所でもあるので、要チェック。


クーパルーまでは、シティより約20分~30分程度の場所。
時間は午後4時から、暗くなるまで、続く宴なのだ。

たまには、こんな大きなイベントに顔を出して、ブリスベンの底力を見てほしい。元気が出る事間違いなし!と思う今日この頃なのだ!

Namaste,


View Larger Map



にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ冬に入るブリスベンのスケートボーディングシーン見てください、ブリスベンの見方変わります!←ぽちっと応援クリックもよろしくお願いします!!



プリーズウェルカム Lululemon


いまや、よぎーやヨギーニの間では、老舗ヨガウェアブランドともなった、ルルレモン。って言葉を聞いて、洗剤??なんて、言う人はほとんどいなくなったのではないだろうか??笑

カタカナで書くとなんだか、ちょっと間が抜けてる風に見えるので、やっぱりルルレモンはLuluLemonだと思うこのごろですが、寒くなってきたブリスベン、仕事終わりの夜のヨガはホットヨガが気持ちいいんじゃないですか??

さて、そんなLululemonだけれども、さすがに遠く離れた南半球のオーストラリア。

実は、カナダ・バンクーバー発のヨガウェアブランドで、今やカナダの成功しているアパレルビジネス例としても挙げられるほどとなった、Lululemonだけど、やっぱり北米エリアに比べて、盛り上がりが少ないじゃないかぁ!というのが、オーストラリアの各地のLululemon探索を行った、“よぎー勝手なリサーチの結果”があったわけだ。

特に、ここまでヨガブーミングなブリスベンエリア、もとい温暖なクイーンランド周辺はゴールドコーストやバイロンベイ、ブリスベン周辺など有数のヨガスタジオが集まっているし、ヨガ人口もびっくりするほど多い。

それなのに、ヨガウェアの充実の物足りなさを感じていた。まぁ、どうしても素敵なヨギーニが多い、ヨガブリスベンな世界だから、かわいい、Woman'sのヨガウェアはたくさんあるし、オーストラリアらしく、派手で明るい色使いは南国っぽくて素敵なのだ。

色使いも華やかだし、暑い日ざしの国っぽく、スポーティなタイプが多い気がする。特に、オーストラリアから発信している、アクティブな女子のスポーツウェアブランド Lorna Janeは、ふわっと目を奪われてしまうので、ブリスベンにいるなら、要チェックだ。

颯爽とランニングしているスポーツウーマンやヨギーニを見たら、何気にLorna Jane(ローナ ジェーン)ってのは少なくない。大体、ヨガウェアコーナーってのは、女子エリアぷんぷんの雰囲気を出しているけど、入ってみたら、ちょっとリトルなメンズヨガコーナーがあるのが、お決まりのパターンなのだ。

ちょいと目をひくスポーツウェアがあれば、よぎーとしては、まずは入ってみる。Lorna Janeも気になるところでチェックをしたものの、ココは女子ウェア専門で作っているアパレル屋さん。男子的にちょっと気まずい雰囲気もありつつ、そこは気にせず涼しい顔だ。笑 

やっぱりアンチ北米気質が強いオーストラリアっぽいけれども、やっぱりヨガウェアを専門で扱って、豊富な品揃えのヨガブランドと言えば、Lululemonに違いない☆

そして、ついにブリスベンのセレブレティエリアとも呼ばれる、ニューファームのJames Streetに舞い降りたというワケだ。

"Please Welcome Lululemon Brisbane to James Street!!"

このエリアは、ブリスベンのチャイナタウン&ファッション/ナイトクラブエリアである、フォーティチュードバレーとニューファームの間にあり、スーパーセレブエリア、ブリスベンの白金なNew Stead ニューステッドへと続く道である。

さしずめ、六本木と白金の間にあり、表参道的なエリアで、言いすぎかと思うかもしれないけど、行ってみれば、なんとなく理解してくれるのではなかろうか。

比較的土地がある国なので(笑)、日本のように六本木ヒルズ的なビルはないけれど、その存在感は十分に、女子の心をくすぐるはずだ。

オーガニックやベジタリアン、インテリアやおしゃれカフェ。ヨガスタジオにたくさんの服屋さん。

そして、そのロケーションにはLorna Janeが構えており、ついにLululemonが参入したのである。

ブリスベンのシティ内のロケーションじゃ、その存在感を活かしきれてなかったけれど、James Streetなら、Lululemonにぴったりだ。

よぎーとヨギーニの皆さん。ブリスベンにいるのなら!そして、ブリスベンに来るのなら!
ニューファームのジェームスストリートをお立ち寄りポイントから外すのは結構損ですよ☆

され、これだけで終らない、Lululemon Brisbane。ここのウリはなんといっても、定期的に開催される、フリーヨガ。 ヨガラボ(ヨガ研究室)と呼ばれる、フリーヨガが定期的に開催されており、お世話になっている方も多いと思う。


そして、グランドオープニングにともない、6月は毎週日曜日の朝にコンプリメンタリー(無料)ホットヨガが開催される。


場所 
 Lululemon Brisbane (ルルレモンブリスベン)
住所
 James Lane plaza, 65 James Street, New Farm 
時間
 AM 9:00 - AM 10:00 
ヨガの種類 
料金
 Complimentary Class (無料)
行き方
 最寄の駅はFortitude Valley。そこから徒歩約15分 

*一番簡単なのは、恐らく電車で行く方法。Valleyの駅を降りたら、Wickham Streetを左(シティとは逆方向)に歩き、左手にプールが見えたら右に曲がる。Bridge Street又はEast Streetから1ブロック入らないとJames Streetが出てこないので、要注意。わからなかったら、道を聞けば笑顔で教えてくれるはずです☆

ちょっと、冷える朝に、気持ちよく目覚め、思い切って自転車に飛び乗る。そして朝のジェームズストリートの景色を楽しみ、ホットヨガで体を起こしてあげよう。

その後はカフェでゆっくりしても良いし、美味しいベジタリアンフードがある、インド料理屋さんのランチセットも捨てがたい。


正直、ここなら朝から一日楽しめるくらいの、素敵な場所。もうすでにはまっている人も来た事のない方も、運動しやすい格好もしくはヨガウェアで、ウインター サンデーモーニングを満喫してほしいと思うこのごろなのだ。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ今日も最後までありがとうございます!是非、ウインターホットヨガ楽しんでくださいねぇ!←ぽちっと応援クリックもよろしくお願いします!!

ラム酒にまつわる話




オーストラリアの飲み物って、どんなやっぱりビールのイメージが強いのだろうか?それとも、オーストラリアに住んでいる人だったら、迷わず、安い箱ワインって答えてしまうのだろうか?笑

お酒好きの人でも、そうでない人でも、よぎーでもよぎーにでも。お酒を飲む人はどんな人種でも飲むし、飲まない人は飲まない。それは、もちろんヨガをする人でも全く同じことであって、極度の我慢や忍耐は、自分への暴力(Yamaの教え)となってしまうのだ。

早い話、自分に対して過度の期待や無理強いをせずに、自分のペースを守って、夢を追いかけていくっていうのはどうだろう?笑

もっとも、これはヨガの考え方では言われ続けている事で、ヨガをしている間は呼吸を一定に保っておく。というのが、とても重要なのだ。呼吸は、人間の精神的部分や肉体的部分をコントロールする場所で、感情が激しくなったり、コントロールがききにくくなっていると、自然に呼吸が乱れてしまう。

どんなポーズでもそうだけれど、この呼吸が乱れてきたら、少しポーズに無理をしているという証拠。穏やかな呼吸を一定に保てる範囲内で、ポーズをとって、リラックスをしながら力を抜いて体を伸ばしていく。そうすると、重力を使って自然と体が伸びてくるのだけれども、皆さん、体の緊張は毎日ほぐしていますか?

リラックスする方法は人それぞれだと思うけど、放射能の事など頭の片隅に入っているとやっぱり常に気になって仕方ない。小さな事でも、微妙なストレスにつながるだろうし、今子供を守っているお母さん方は骨身を削る気持ちで神経をすり減らしている事だと思う。

もちろん、我慢は大事だけれども、極度の我慢は自分を痛めつけ、“自分への暴力”になってしまうので、逆効果。

お酒だって百薬の長と言われたり、なんでも適量というものはあるはずだ。わたしは、ニコチンアレルギーかとも思えるほど、タバコの煙恐怖症だけども、タバコだって自分にストレスを溜めて、我慢するくらいだったら、迷惑にならない程度に、急にやめるのではなく、少しずつ減らしていってほしいと思う☆

まぁ、そんなお酒から、ぐいぐいっと、綱引きスタイルで、話題を手繰り寄せるんだけれども、オーストラリアを代表する洋酒といえば、ラム酒なのだ!笑


ビールやワインも人気だけれども、やっぱりアルコール度数が高い、ハードリカーというものが、アルコールラバーには人気なのだと思う。まぁ、ハードリカー(Hard Liquor)好きには、アル中的要素があるのも拭いきれないが、キャンプや山登りなど、ビールでもなく、ワインでもなく、ウィスキーやラム酒が合うっていう場合もある。

それはそれは、旅猿のナイナイ岡村が、『キャンプと言えばウイスキー!』みたいなノリで、オーストラリアと言えば、ラム酒!そして、ブリスベンのある北東部の『クイーンズランド州と言えば、バンダバーグラム』なのだ!!笑

もったいぶってかなんなのか、かなりじらしてしまったけれど(笑)バンダバーグはブリスベンとケアンズの間くらいにある、農業の盛んな街で、グレートバリアリーフを楽しめる、有数のスキューバポイントでもある。

ラム酒と言えば、ジャマイカやサトウキビのイメージだけれども、ご推測の通り、バンダバーグはサトウキビの名産地。というわけなのだ。

この白熊ちゃん(Polar Bear)が愛らしい、バンダバーグラムは、オーストラリア各地のアルコール好きをとりこにしていて、実は論議が巻き起こる、結構なコントロバーシャル(Controversial)な飲み物だったりするのはご存知だろうか?

カワイイ白熊君のおかげで、ラグビーのNRLのオフィシャルスポンサーになったり、企業戦略は良いものの、かつては、労働階級の飲み物、野暮な男の飲み物として悪名も高く、バンダバーグラムドリンカー(通称・バンディドリンカー)は攻撃的で乱暴だという噂が広まり、バンダバーグラムを飲みすぎると、乱暴で凶悪なアグレッシブ人間になってしまうとも言われている。

実際に、バンダバーグラム社も、その評判を認めているほどで、日本に輸入規制もかかっているというから、何が含まれているか気になるところでもある。

わかっているとは思うけれども、蒸留酒のような強いお酒(ハードリカー)を飲むのであれば、それなりに覚悟は必要だし、酔っ払って理性を失う人はたくさんいると思う。

それこそ、パイレーツカリビアンのジョニデ様(笑)のように、カリブ海でラムを浴びるように飲んで、理性を失ってしまうなんて、ノット・ベリー・ジェントルマンと、言うわけだ。あの、ジャックスパロウなら許す!笑、なんていう、特別免責事項は、ここではあなたの胸にそっとしまっておいておこう。笑

ともあれ、自分の許容量を超える飲酒は飲みすぎであり、冒頭で話した"Yama"に反するワケで、自分への暴力とみなされてしまうわけだ。

ここで、重要なのは、『暴力はいけません!』だなんて、ついつい、三角めがねをかけた、おばちゃま教師が連想されてしまうけれども(笑)、その暴力というのには、自分への暴力もいけません!という事である。

少し、又は適量など、キャンプ場で頂く、BBQにラム酒だなんて、素敵だし。なんか雰囲気もダンディな気分にもなる。

わたしが好きな飲み方は、キャンプの夜に、ガスバーナーでお湯を沸かし、適量のラムにオーストラリアのビリーティー(紅茶)に、タスマニア産の蜂蜜を入れ混ぜる。

ほんのりと、ラムの香りが温かい紅茶の湯気と舞って、気分を盛り上げてくれるのだ。サトウキビと蜂蜜のハーモニーってのもミソだし、ちょっと濃い目のビリーティーってのもミソなのだ!贅沢を言えば、ガラスのマグカップがあると完璧だ♪とバンダバーグラムを片手に思いにふけるこの頃なのだ!笑

*今日のよぎーな豆知識 -お酒と英語-*
たびたび出てきた、英単語、 Hard Liquorとは、いわゆる蒸留酒で、日本語ではスピリッツと呼ばれるものの類である。

一般的にアルコール度数が高く40%~50%。近年ではパーティやナイトクラブで一気に盛り上がるためにも、テキーラショットやウイスキーショット、ヤガーマイスターなど、様々なハードリカーが人気を博している。

大体、トラブルになるのは、このショット!だろう。笑 いわゆる、Too much hard liquorというやつで、飲みすぎは体を蝕むし、アルコール中毒者もこのハードリカーをこよなく愛している。

ちなみに、もうひとつ出てきた単語、コントロバーシャル(Controversial)というのは、論争や論議が起こっている、という意味で、賛否両論があったりする文化、ヒップヒップ文化や女性差別、人種差別、ゲイなどのカルチャーでのタブーなどが良く取り上げられる。

バンダバーグラムもそういう意味では、裏の意味を持つお酒であり、スラング的な意味を隠し持っているというわけなのだ。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も最後までありがとうございます!パーティではほどほどに、ラム酒を楽しんでくださいねー。決して悪用はしないこと。他人にも自分にもノー暴力です☆ ではでは、ぽちっと応援クリックもよろしくお願いします!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...