何か勘違いしていること




インターネットってものが普及して、『世の中のバランスが崩れはじめている。』と断言できるようになったのは、今に始まった事ではない。

ネットサーフィンというものは楽しく、場合によっては、その世界から抜け出せなくなってしまう人達もいるし、それは日本だけではなく、世界中に溢れかえっている。

例えば、インターネットとは、何か?と一言で表せ、と言われたら、みんなは何て答えるのだろうか?

この質問には答えなんかないと思う。ただ、定義として表せとか、キレイ事を言えと言われたら、様々な答えが出てくると思うけど、実際みんなが思っている事は【タダで情報が手に入るツール】としか考えていない人は多いと思う。まぁ、プロバイダー料金がどうとか、電気代がどうこうとか言ったりして、あげあしを取る事はいくらでも出来るけど、今の段階でそこはポイントではない事は理解して欲しい。

こんな事をわたしが言える義理はないのだが、日本人のみんななら、【タダほど怖いものはない】という言葉も聴いた事があると思う。これは、どういう意味だろう?辿っていくと、ようするに、『おいしい話(タダ話)には裏がある。』という事ではないのだろうか?

なんで、こんな事を急に言い出したかというと、日本にはインターネットの重大性を示すものが少し曖昧すぎるのではないかと感じる事があるからだ。

例えば、インターネットのデメリットはひとつを検索すると膨大な情報があふれ出てきて、何がなんだか分からなくなってしまう事。また、本当に必要な情報以外が出てきてしまったり、まったく関係ない事やその情報がある特定の条件を満たした人にしか当てはまらない事もある。

ここまでは、わかっている人は多いかもしれないけど、この次に働きかけるものとしては、人間というものは、自分自身が不利になる事や良くないものは、無意識のうちに排除して、自分にとって都合の良い情報だけを吸い込むという事をしてしまう生き物であるというあるという事だ。

いくら調べものをしても出て来ない。そこで、誰かのクチコミを発見する事になる。そこには具体的な年代や条件が記されていないが、なにやら良さそうな事が書いてあるので、それを信用する事になる。具体例を出すとバックパッカーズホテルなんて、予約しなくたって、部屋が空きまくってるから行ってからでも大丈夫だよ!なんてのもひとつの簡単な例だ。

わたしは、この意見に反対する訳ではないが、では、その場合、【もし万が一にも空いていなかった場合はどうするのか?】というプランBを考えておく必要性があると思う。

もし、それが自分が住み慣れた国ではなく外国である場合。日本の常識を海外に当てはめるのは、非常に危険であると思う。



【タクシーなんて、手をあげればどこでも拾えるよ】なんて思っている日本人はどれくらいいるだろうか?それじゃぁ、それは広大な土地であるオーストラリアでもタクシーがびゅんびゅん走っているから、手をあげれば拾えるという事に直結するのだろうか?

よくよく、ゆっくり考えてみれば、分かる事だと思うのだが、そんな訳はないだろう。タクシーは公共の交通機関ではない。ビジネスとして考えた時、ガソリン代は食うし、人件費も食うし、車社会なので、タクシー使う人は少ないし、そもそも人口が少ないし。。とひとつづつまとめていったら、『電話をして呼ぶ』というのは、とても自然な事ではないだろうか?

となると、万が一、日本とは環境が違い、タクシーが捕まらなかったらと考えたら、プランBをして、タクシー会社に電話する=タクシー会社の電話番号を持っておくのが、念のための行動だと思う。

ちょっと話はずれてしまったが、そもそもインターネット情報を手に入れるという事は自分で物事考えて、正しい情報を手に入れるというのが、インターネットのテクニックであるとわたしは思う。

海外では、インターネットという授業があり、ネットサーフィンの仕方も教わったりする事がある。わたしも実際に選択しており、その当時は目からうろこが落ちる思いをした。

インターネット=無料 と思っている人が多いが故に、わざわざ、無料のネットの仕方を教わるのに、クラスを受けるなんて(お金を払うなんて)、馬鹿馬鹿しいと思ってしまうのかもしれないが、インターネットにはトリックがあり、検索の仕方ひとつを取ってもコツがある。

また、これが英語でのネットサーフィンになると、さらに膨大な情報量になるので、もっともっと注意して、ネットサーフィンをする必要がある。これが、いわゆる情報社会なのだとう思う。情報というのは、タダで入ってくるものだが、それをソート(仕分け)してまとめるのは、非常にやっかいな作業だ。ただ、それに対して価値をどれくらい見出せるかというのは、別の話である。

ネットは得意だからといって、英語の意味をちょっと勘違いして、進み、痛い目を見た人も多々いるだろう。そこまで、いけば、ネットの大事さが分かるのだが、その前にネットや情報ソートの重要さをどうやって、伝えたらいいのか、すごく疑問である。

英語社会。いわゆるWestern Cultureと呼ばれる西洋文化では、このインターネットに対しての、プライスがあり、価値がある。そして、授業もあるし、価値があるからこそ対価が発生している。

ネット初心者のAさんがひとつの調べ者をしたら、1時間かかったところ、ネット上級者のBさんが、調べたら、ものの5分で分かったりもする。そうなると、ここに大きな時間の差が出来、時は金なりの定義によると、対価が発生するのではないだろうか?

それなのだが、ネットはタダなんだから、誰が調べても一緒だよ。というのは少しずれてると思うし、どうせ、ネットで調べてくれてるんだから、単価はタダでしょ?ってのも違う。なぜなら、時間はかかっているので、それに対する対価は発生しているのだから。

それでも、まだこの話を聞くと『そんな事は当たり前だよ』と思う人もたくさんいると思うけど、本当にわかっているのであれば、お金を払ってでも調べ物を代行して欲しいと思うはずだけれども、最初にあげたように、ネットには、【本当の情報】や【間違った情報】というのが散乱している。

もちろん、納得がいかないのであれば、思う存分、気が済むまで、自分で調べて欲しい。しかし、どうしても人間というものは、【無意識に自分に都合の良い情報】を信じる傾向ある。

そうなった場合、最後に誰かにコレが本当かどうか正しいか正解を出してくれる人が欲しいだろう。

これは、赤ペン先生の○付けと一緒で、【自己採点】と【先生による採点】の違いというと分かりやすいだろうか?【先生による採点】であれば、そこに赤ペンでアドバイスや何が間違っているかを書いてくれている。しかし【自己採点 】はあくまで、自分の意見によるものだから、具体的な例は出て来ない。

結構、ややこしくなってしまってきたけど、【自習】はタダで出来るけど、【先生による採点】はタダではない。インターネットも同じ、関係が結びつくのではないだろうか?とちょっとダケ声を大にして、伝えたいと思った次第なのである。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。それにしてもモノに対する価値観や考え方ってのは、国によって全然違うのだなぁ、って共感してくれた方は、ぽちっとよろしくですー。

川の満ち引き


わたしの住んでいるブリスベン。もはや言うまでもなく、素晴らしいバイク(ちゃりんこ)レーンに囲まれているのだが、その中でも素敵なバイクレーンはやっぱりブリスベンリバー沿いだ!

ブリスベンは真ん中に大きなブリスベンリバーで真っ二つに切り裂かれており、その一方にダウンタウン。いわゆるオーストラリアではCityと呼ばれる都市がそびえている。

そこからドーナツ状に広がって、ZONE1, ZONE2, ZONE3, ZONE4, ZONE5…と広がり、サバーブと英語で呼ばれる郊外地区になっている。多くのブリスベン在住者、Brissie*1はこのブリスベンの中心から離れたサバーブに住んでいる。

以外にびっくりされるのは、ブリスベンでBrisbaneと住所のつく場所はこのど真ん中のビルが栄えるシティだけなのだ。一駅も二駅もすれば、Brisbaneという住所はなくなり、サバーブ名が住所になる。 例えば、xxx Ann Street, Fortitude valley や XXX Sydney Street, New Farm, XXX Coronation Drive, Milton 。 これらはいずれもZONE2の地域なのだが、ブリスベンという地名はつかないのだ。

そんなサバーブでもチャリんこ愛好者にオススメなのが、ブリスベンリバー沿いのSuburb であるのだ。ブリスベンリバー沿いのチャリレーンは充実しており、美しい景色を見ながら渋滞知らずでシティへすいすいっとBIKING。

そしてブリスベンならではじゃないか!という感じの斬新なバイクレーンはフローティングブリッジ。一言で言うと。。。浮く橋。うーん、これじゃいまいちイメージが沸かないのだが、ようするに、ブリスベンのシティが栄えたが故に、スペースを目いっぱい有効利用して、ブリスベンリバーに浮く道を作ってしまっているのだ。

もちろん、そこは自転車・歩行者専用レーン。朝のジョギングも気持ちイイ☆そこでFloating Bridgeならではのアトラクションといえば、それは海につながるブリスベンリバー。潮の満ち引きの影響を受け、川も満ち引く。特に満潮時なんか、ちょっとこの道ギリギリ水しぶきが飛びまくって、濡れちゃっている程だ。このブリスベンリバーには、ブリスベンにとって重要なTransportation(交通手段)である、City Catと呼ばれる船が通っている。コレで、通勤したり、シティからニューファームにあるヨガスタジオに行くのなんか、非常に素敵なのだが、このCity Catがナイスな感じでごぉーっとこのフローティングブリッジの横を通ると波が立ち、道に押し寄せてくる。

ここからが、このフローティングブリッジの醍醐味だ。波が押し寄せ、浮くバイクレーンにヒットし、水しぶきが立つ。そして、橋がもっとも本当に浮いていると感じる瞬間はココだ!橋をまっすぐ自転車で走っている。うねうねっと、橋自体が波に乗り、揺れているのだ。わかりにくいかもだが、ドラゴンボールZの界王様のうちに続く竜の道のうねうねっとした感じだ!笑 これが自転車に乗って、少し高い位置から見ていると、うねうねっとした感じが視界に広がり、なんともトリッピーなのだ。

CityからNew Farm Parkへと続く川に浮く道は2003年に完成したそうだ。と道の上に書いてある。歩いたって、30分ちょっとで楽しめる遊歩道なのだから、是非是非ブリスベンリバーの景色を見ながらジョギングやバイキング、お散歩を楽しんでほしいと思うこのごろなのだ!

*1 ブリスベンのことやそこに住んでいる人の事を面倒くさがりのオージー、Brissie(ブリジー)と呼んでいます。


人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。いやぁ、このブリスベンリバーを沿って歩いていたら、色んなものが見えてくるのってなんの。ちょっといつもと違った視点でブリスベンを見てみるのもなんだかオツじゃないでしょうか♪ぽちっとよろしくですー。

英語でみる映画のススメ dream in the dream



ブリスベンの映画館は基本的に映画館によって、料金が異なる。それは、ジョジョにわかってきた事だが、なんといってもうれしいのはHappy Tuesday のムービーデイだ!毎週Tuesday a.k.a 火曜日は、日本のレディースデイばりに、映画が安いのだが、なんで火曜日なんだろう?カナダもMovie Tuesdayと決まっていて、やはり映画を見るなら火曜日だ!

というわけで、いつも火曜日狙い撃ちのわたしなのだが、地方に行けば行く程、映画館のクオリティは下がるという新しく発見した定義もあるのがオーストラリア。クオリティが下がる⇒映画館の料金も下がるというのは自然の流れか。サンシャインコーストにある小さなcountryside styleのCinemaは$7.50という破格の値段で映画が見れる。これもてっきりTuesdayプライスだと思ってたのだけど、よくよく聞いてみると毎日がこの値段だそうだ。映画館自体は50席ほどか。いや、80席はあるのだろうか?いずれにしても小さな映画館なのだが、上映している映画はいっちょまえ。もちろん、今話題のInceptionも公開中なのだ!!

何とか時間を無理クリ作って、インセプション。久々に見た、最高の映画とはこの事だ!見た人が口をそろえて、そして興奮しながら語るインセプション。やっぱりディカプリオは素晴らしい髭をたくわえてるし、Ken Watanabeのスーツのスタイルは御見それする程美しい。

やや、複雑な映画である為、ブリスベンで。そして、英語で見るのをかなり敬遠している人は多いのではないだろうか?日本人には日本人の英語も聞き取りやすい。という事で、ケンさんの英語、もっと微妙かなと思ってたけど、ぺらぺらっと話しすぎて、ケンさんの英語も分からなかったー。という子もいた。

正直、久々にみたS級の映画。音楽といい、ファッションセンスといい、映像といい、そして内容も素晴らしく最高の映画だ!もう一度、見に行きたいとすでに思ってしまう映画。途中で出てくる、ケンさんやみんなのスーツのファッションにもかなり魅力を感じた。Ellen Pageもキレイすぎるし、Arthur役のJoseph Gordon-Levittもイイ味を出しすぎている。素晴らしい演技だ。

夢の中に入り込むという、なんともややこしい話なのだが、ココで英語で映画を見る為のコツをひとつご紹介したい。

特にinceptionなんかは、わかりやすい例だと思うのだが、まず映画を見る前に予習をする事。ツマリ、あらすじを見ておくのだ。youtubeでトレイラーなんて、いくらでも見れるし、official websiteでは、ストーリーものってるし、なんならキャラクター紹介もある。わたしは、特に俳優さんのbackgroundを見たりするのも好きで映画を見る前には必ずチェックをしている。インセプションに関してはかなり日本語のサイトでも説明されてあるので、英語でストーリーを確認してから、日本語でも見たりすれば、英語の勉強にもなるだろう。

注意としては、英語のサイトも見ておく事。英語のサイトを見ていれば、そこに出てくる単語が映画の中で出てくる可能性がアル。日本語の場合は訳が変わってる可能性もあるので、英語の答え合わせ程度に見るといいだろう。

よく、『私は映画のあらすじ見ない派』って人も見かけるのだが、英語でMovieを見るのであれば、あらすじを見ておく事を強くオススメする。映画なんてのは、最後まで見ないと話がストレートにならないモノだって、ざらだし、それが映画の演出なのだ。劇中で分からない事があってもそれが必ずしも【自分の英語力のせい】とは限らない。なので、分からない部分はあまり深く追求しすぎず、気軽に映画を楽しんでくれるのが一番だと思う。

幸いインセプションに関しては、ある程度内容を把握していれば、英語力に不安があっても十分に楽しめる。せっかくお金を出して映画を見るのだから、分からないともったいない。ってのもあるし、だったら、オススメのtuesdayをchooseするといい。

それでもInceptionからEnglish Movieデビューだなんて、あんまりだよ!と、いう場合はToy Story3とかShrek とか、Karate Kidsだとか、ソフトな入り方もあるので、せっかくのオーストラリアにいるんだから、色々満喫してほしい。なんて思いながら、やっぱりインセプションはヤバイ面白かったので、もう一回見に行こうと思う夜更けである。

人気ブログランキングへ


↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。SeriouslyにInceptionは良かった!☆☆☆☆☆久々のFive Starsの価値あり。わたしは結構辛口のほうだと自分で思ってるのですがコレは別格!

ビーチでよかヨガ



ブリスベンから車なら約1時間。トランスリンクを利用して、Public Transportationで行くならば、2時間から3時間半。まぁ、それでも電車で来れる距離に美しいビーチの連なるサンシャインコーストというゴールドコーストにもひけを取らない素敵なリゾート地がある。どちらかというと、のんびり、まったりリラックス、お年寄りにも人気な、オージー人気の高いリゾート地。そして、サーファーなら誰もが驚く、素晴らしい波もある。オーストラリアの海は海流(カレント)が特に強いような気がし、ビギナーサーファーのわたしにとっては、一瞬でも気を抜くと、かなり流されてしまって、『ちょっと、ちょっとちょっと!』と、ざ・たっちばりに、焦ってばっかりだった。

さてさて、そんなビーチの美しいSunshine Coastなんだけど、ここのビーチでヨガをやるってのも相当に気持ちが良い。滞在期間中なんとか頑張って、ヨガを数回したが、朝のヨガは最高だし、砂の上の足の感触も素晴らしい。

そんな中で、Sunshine Coast のCalaondra では、ビーチでヨガのレッスンをやっているところがあるという、噂がやたらあちこちに流れており、ついに発見したの先はMoffat Beach!
海の目の前にグラス(芝生)の部分が丁度あり、初のビーチヨガ。

元々、想像していたのは、外であるという事で、たくさんのディストラクションが溢れ集中が難しいんではないかという事。なのだけれども、実際は風邪が強く、ヨガマットが少し吹き飛びそうなくらいでもあったのだけれども、思ったよりも集中する事が出来、ポーズも整ってきていたので、それだけポーズに慣れてきているのかなと自分でも実感する事が出来た。
美しい夕日を浴びながら、ヨガをするのは、大きなエナジーをかき集めているような気さえして、とても気持ちが良かったので。

とはいえ、土曜日の朝のビーチヨガクラスなどは、朝からBBQをやっている匂いが漂い、子供達がはしゃぐ中、ヨガをやることになるそうで、それはなかなか集中するのが難しそうだなぁー、と完全に頭の中でピクチャーを作ってしまっていた日々であった。


人気ブログランキングへ


↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。ビーチヨガも価値アリ!ですね。だんだん暖かくなってきてますし、今がチャンスかもですよ!

がんばろ。ガンバロ。

さて、少しずつではあるが、なんとなく街中に選挙の看板が増えてきてる事に気付いただろうか?オーストラリアでは、日本のポスターの代わりに看板のようなものを家に立て、支持パーティを応援している。

早速、貼り始めているのはやっぱり、グリーンパーティだ。グリーンパーティはほとんど力を持っていないし、議席もほとんどない。しかし、逆におごりがないのか、こういう選挙には敏感だし、オーガニックとかエココンチェスの人々がすごく増えているから、そういうエコが好きなオーラを漂わせている家の前に立っているのをたまに見る。また、そういう家に限って、、ガーデニングが上手だったり、緑の植物に囲まれていたり、あからさまにコンポストとかやってそうな家とかだったりするから、そいういうのを見るとなんだか心が温まる。

選挙に全然みんな興味がなくて、投票しないくらいだったら、グリーンに入れてくれればよっぽどいいのに、とも思うのだが、グリーンもグリーンでしっかり人を見ていないと過激派もいるようなので、それも危険なのである。まぁ、オーストラリアのグリーンならどっちにしても力が弱いので平気だと思うけど、例えばタスマニアのグリーン党の力は与党に匹敵する

。せっかくタスマニアには素晴らしい環境保護機関 Wilderness Societyがあるというのに、このWilderness Societyは大きくなりすぎ、派閥が出来てしまったが故、コントロールが利かない状態になってしまっているのが現状だ。環境 Wilderness と社会 Society と二つの大きなテーマを抱えた機関はまさにその環境と社会とに分かれ、トップの取り合いになってしまっているし、『結局行き着くとこは、ポリティックなんだよ。ようするに権力ね。』と、オーガニックオリーブファームを営む政治大好きイタリア系移民のファザーはなんともやるせないトーンでそう呟いていた。

ちょっと話がずれてしまったが、グリーンにプラスして元気がいいな。っていうか、通勤コースにあるから毎日目に付くだけなのかもだけど、トニー・アボット率いる、リベラルパーティの看板もあった。そして、その名もジャン!



             ‘テレサ・ガンバロ’

なんてこった、こんなElectionにぴったりな名前はないだろう!いや、本人も自分のその名の持つ意味に気付いてすらいないかもしれない。なんたって、ガンバロだ!がんばろー!がんばろー!って。なんか、すごく雰囲気がいいんじゃないか??

って、これじゃぁ、結局アイドル議員とかただ単にインスピレーションだけで投票するのはよくないんじゃないかと思ったのと正反対だから、きちんと調べようと思ったのだが、なかなか時間がなくて、結局分かったのは、ガンバロさんは、ブリスベン出身の地元議員のようだ!ってそれだけなので申し訳ない。

世の中色んな外国の名前を入れだしたらいろんな名前の人がいるけど、がんばろーってのはナイスだね。なんか嫌味っぽくもないし、ちょっと謙虚さも伺えるし。ってまた勝手なもイメージを作ってしまった。何はともあれ、こうやってちょっと興味を持って、調べてみようと思うだけでエレクションも良くなってくるので、ぜひぜひ看板に目を向けてみてほしいと思うのだ。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。看板に目を向けてくれた方、なんか面白いのあったら教えて下さいね、ぱちっと応援よろしくです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...