がんばろ。ガンバロ。

さて、少しずつではあるが、なんとなく街中に選挙の看板が増えてきてる事に気付いただろうか?オーストラリアでは、日本のポスターの代わりに看板のようなものを家に立て、支持パーティを応援している。

早速、貼り始めているのはやっぱり、グリーンパーティだ。グリーンパーティはほとんど力を持っていないし、議席もほとんどない。しかし、逆におごりがないのか、こういう選挙には敏感だし、オーガニックとかエココンチェスの人々がすごく増えているから、そういうエコが好きなオーラを漂わせている家の前に立っているのをたまに見る。また、そういう家に限って、、ガーデニングが上手だったり、緑の植物に囲まれていたり、あからさまにコンポストとかやってそうな家とかだったりするから、そいういうのを見るとなんだか心が温まる。

選挙に全然みんな興味がなくて、投票しないくらいだったら、グリーンに入れてくれればよっぽどいいのに、とも思うのだが、グリーンもグリーンでしっかり人を見ていないと過激派もいるようなので、それも危険なのである。まぁ、オーストラリアのグリーンならどっちにしても力が弱いので平気だと思うけど、例えばタスマニアのグリーン党の力は与党に匹敵する

。せっかくタスマニアには素晴らしい環境保護機関 Wilderness Societyがあるというのに、このWilderness Societyは大きくなりすぎ、派閥が出来てしまったが故、コントロールが利かない状態になってしまっているのが現状だ。環境 Wilderness と社会 Society と二つの大きなテーマを抱えた機関はまさにその環境と社会とに分かれ、トップの取り合いになってしまっているし、『結局行き着くとこは、ポリティックなんだよ。ようするに権力ね。』と、オーガニックオリーブファームを営む政治大好きイタリア系移民のファザーはなんともやるせないトーンでそう呟いていた。

ちょっと話がずれてしまったが、グリーンにプラスして元気がいいな。っていうか、通勤コースにあるから毎日目に付くだけなのかもだけど、トニー・アボット率いる、リベラルパーティの看板もあった。そして、その名もジャン!



             ‘テレサ・ガンバロ’

なんてこった、こんなElectionにぴったりな名前はないだろう!いや、本人も自分のその名の持つ意味に気付いてすらいないかもしれない。なんたって、ガンバロだ!がんばろー!がんばろー!って。なんか、すごく雰囲気がいいんじゃないか??

って、これじゃぁ、結局アイドル議員とかただ単にインスピレーションだけで投票するのはよくないんじゃないかと思ったのと正反対だから、きちんと調べようと思ったのだが、なかなか時間がなくて、結局分かったのは、ガンバロさんは、ブリスベン出身の地元議員のようだ!ってそれだけなので申し訳ない。

世の中色んな外国の名前を入れだしたらいろんな名前の人がいるけど、がんばろーってのはナイスだね。なんか嫌味っぽくもないし、ちょっと謙虚さも伺えるし。ってまた勝手なもイメージを作ってしまった。何はともあれ、こうやってちょっと興味を持って、調べてみようと思うだけでエレクションも良くなってくるので、ぜひぜひ看板に目を向けてみてほしいと思うのだ。

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。看板に目を向けてくれた方、なんか面白いのあったら教えて下さいね、ぱちっと応援よろしくです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...