ラジオ4ZzZ


ブリスベンは、比較的、都会的で、とても洗練されている。いわゆる、ソフィスティケイテッド(sophisticated )な洗練されたイメージの都市イメージもあるのだが、かなりアウトローに攻めてるやつ等もいる。

ガムツリー(ルームメイト等探しのポータルサイト)をじっくりと見て見ると個性あふれる経歴の持ち主達が、束になってルームメイトを募集してくる。

無難に行きたいところだけれども、せっかくなのだから、ちょっと冒険心な刺激を求めて、自分のブリスベン生活を満たしてくれる場所を捜し求めてみるのもひとつのブリスベンな楽しみ方であるわけなのだけれども、皆さんブリスベンをちょっとアウトローに攻めてみませんか??

ブリスベンには、インデペンデントレディオステーションと呼ばれる、ラジオチャンネルがあるのをご存知だろうか??

そのまま、考えてみると独立型のラジオ放送体制をとっていて、政府の影響を受けない、アンチギャバメントのラジオ局で報道に関しての規制がなく、自由で真実の報道が出来るチャンネルでもある。

と、ゲリラ的なイメージも拭いきれないけど、ココの流す音楽は、かなりのアウトロー路線を突っ走っていて、いい選曲をしてくれる。

ブリスベンに少し物足りない、ヒップホップテイストやレゲエテイストは、週末にたっぷりと楽しむ事ができる。

オーストラリア国内に眠る、若きアーティストや活動家を集めて、面白い音楽を集めて流したり、インタビューも行われている。夜中はぐいぐい、エレキやトランスサウンドで持ってきたりするし、正直時間帯によっては、かなり厄介なDJも揃っているけれども、そんなインデペンデントラジオステーションだからこそ、ヒットする時はヒットする、魅惑のラジオ局なのだ。

ブリスベンのチャイナタウンと呼ばれる、フォーティチュードバレー(Fortitude Valley)は、夜は姿を変え、ナイトクラブが連なる繁華街に変わる。アーティストが集まるのには、ちょうど良い場所だけれども、さらに先にいった、New Stead(ニューステッド)の入り口あたりに、ほわっと、佇む家。のようにも見えるラジオステーションには、4ZZZという文字が目に入る。

かなりパンクで、アナーキーな雰囲気が佇み、政治的なものや、反核メッセージなども見られる。

政治的な話しもかなりするし、ジョージ・ブッシュも叩きまくりでかなり気持ちの良いステーションで、時として偏ってる気がする事もあるけれど、面白い話や考えさせられ、『あぁ、この人たちはこう思うんだなぁ』とカンガルー、じゃなくて、カンガエルー事もある。(笑)

わたしのルーミー(ルームメイトの略)、月曜日の12時から流れる、アナーキーショーというなんとも激しい名前のホストDJをやっていて、かなりアツク政治について語ってくれたのだった。と、物語風になってきてしまったけど。(苦笑)

バンクーバーに住んでいたわたしは、市民が国に対してどういった政治を求めるのか?ホームレス対策や、オリンピックによる弊害やネイティブインディアン(ファーストネーション)の人権の問題、女性差別問題など、移民の国であるが故に、常に話題にあがり、真正面から考え、改善策を模索している光景を見て、とても大きな影響を受けていたというのもあったと思う。

海外では、名前をパスポートの名前で呼ばれる事になり、その名前が正式なIDとなる為、在日韓国人の子はすぐにばれてしまい、そこで始めて、在日だったとばれてしまい、とても辛い思いをしている人が多い。

日本はなんだかんだ、『差別がない国』と言いながら、フィリピンパブや在日やドウワ問題も平気で、タブーとして、話題にもあげようとしない、あげくの果てには、差別のつもりがなくても、留学した海外の国で、差別的扱いを受けてしまうことになる。

『何がなんでも隠し続ける』のではなく、正面から学び、知識を持つ事がこれからのグローバル社会にとって、住みやすい国を作るにあたって、重要な部分になって来るのは避けられないと思う。

驚く事にブリスベン、というよりもオーストラリアには、アボリジニをタブーとする風潮が見られたり、目の前の環境破壊に対しての抗議活動(プロテスト)がとても、少ないと場所である。

そういった意味から、わたしのルーミーは、バンクーバーに住んでいたわたしに、とても興味深く話しを聞いてきたりした。

なんだか、話しがズズーーっと飛んでしまいそうなので、ドリフト気味に、話しを戻すけど(笑)
、そんな4ZZZ(フォートリプルゼッド)はかなりの、ハイテンションで、アウトロー気味に攻める音楽を流し続けてくれているのだ。(笑)


原発やAnti-Nuclear(反核)運動をする、ものすごいリリック(歌詞)を持つ、メンバーも集めてくるし、メッセージ性はとても溢れている。どこかのカルトな海の自称パトロールみたいに、無茶苦茶な捕鯨に反対する体勢もなく、比較的ニュートラルに保たれているのではないかと思う。

以前書いた、アボリジニの【オージーHipHop】も、ここからだ。ブリスベンも、もっと正面から様々なことを考えて、問題を改善できる人々が集まってくれれば、もっと素晴らしい国になると常々思う。

ともあれ、日曜のレゲエまったりは、夏の午後に最高だし、なかなかオーストラリアの音楽も悪くないと思わせてくれる。ジャックジョンソンだって、アメリカ人だ!アメリカの曲なんて世界中どこでも、聴けるのだから、ちょっとココはマニアックに攻めてみたい今日この頃なのだ!

レッツリッスン 4ZZZ 

人によって好みがあるので、ご注意下さい。。。
もちろん、勉強にもなるので、是非聞いて見てくださいね。笑

さぁ。あなたも4zzz聞きたくなったら、ぽちっとついでにクリックもお願いしますネ☆

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。ついつい4zzz聞きたくなったら、ぽちっとついでにクリックもお願いします!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...