オージーにおすすめの映画-その2-


本日4月10日は、前々から何か用事があるなぁ・・・と、思ってずっと気になっていたら、ようく考えたら都知事選の日だった。

なぜか耳に残っていた数字だったのだけれども、地震やら何やらで吹っ飛んでしまって、知っている人がどれくらいいるのだろうかと思う。もともと、78歳を迎えようとしている都知事やるには、年取りすぎのイシハラさんをはじめ、ワタミとか、そのまんま東とかで、入れる人が誰もいない状況なんだから、相当無投票は多いだろう。

わたくしごとで恐縮だが、うちは兄弟4人全員男という家族構成でわたしは一番上をつとめている。そ家族票自体が多いものだから、近所の人にも声がかかってくる事も多々ある。しかし、何せ代々住む東京の土地の方向性を決めるものだから、とにかく興味がわいて仕方ないのだが、関東にいる皆さん、今日はVote(投票)は済ませましたか?

とにかく今は目の前にある対策をしなくてはいけないし、わたしとしてはサマータイムの是非を本当に考えてくれる人が都知事になってくれれば良いのだが、それをやってくれるのは誰なのかさっぱりなのだ。

さて、選挙の結果は今夜たっぷりと見る事になるのだから、話題を、ググっと、グーグルばりに検索して、(笑)、日本を代表するひとりの日本人として、

"What is good Japanese movie,mate?" いい日本映画ってなんかあるかい?
"What Japanese movie do you recommend,mate?" オススメの日本映画は何だい?

と、聞かれたときに紹介したいオージーにオススメの映画その2だ!(笑) と、いっても1が相当前だったので、良かったら過去ログも見ていただきたい。【オージーにおすすめの日本映画】

やっぱり鉄板がごときにカタイおすすめの日本映画は、以前紹介した『おくりびと』だけど、ちょっとハートウォーミングすぎるし、悲しいし。だったら、今度はちょっとアウトローな肉食系のノリノリなオージー男子にお送りしたいのが『アウレイジ』だ。

大変残念ながら、暴力シーンや殺人シーンが苦手だったり、心臓が弱い方はご覧にならない事を推奨しなければいけないような残虐な殺し方シーンのオンパレードなのだけれども、日本のヤクザ事情が垣間見られ、改めてジャパニーズマフィアの今日やマフィア文化の違いをオージーの人に感じ取ってもらえると思う作品だ。

気にした事もないくらいお普通にYakuzaという言葉は、英語になっていて、知っているスシ、テンプラ、ニンジャ、の王道シリーズから、ゲイシャ、ヤクザとトップ10に入ってきても過言ではない(笑)やくざという単語。

ここまで有名になったなら、せっかくだからもうちょっとリアルなやくざ事情を勉強してほしいという思いもこめてみたいのが正直なところだ。

映画自体はもちろん、エンターテインメントだろうけれども、映画になっているだけで、これでも相当オブラードに包んで作ったんじゃないかと思われるけれども、とてもリアルにおもしろく出来ている。

特にたけし映画ならではの、豪華陣と豪快に主役級の役者が次々と悪役を演じている。

中でも今や、アメリカのウェブサイトIMBDにも載っている加瀬亮の演技力と英語力はタマラナカッタ!と思ってのは、わたしだけだろうか??



英語力で驚きといえば、インセプションのKen Watabnabeだったけれども、このRyo Kaseも若手ハリウッドの役者としても相当食い込んでいってほしいと活躍を期待している。

こうやって英語を喋って活躍している日本人を見ると、やっぱりうれしいし、世界に通用するレベルだということも証明されている。

監督Takeshi Kitanoとしては、しっかりと世界を意識した作品作りをしているし、日本文化の輸出という意味での貢献は素晴らしいと思う。

オーストラリアやカナダでも、アジア映画祭をやっていたり、期間限定で日本の映画を英語のサブタイトル付きで上映することもあるので、もし目に留まったら寄ってみるのも良いと思う。

日本映画を見るオージーの人だったら、仲良くなれるチャンスがあるかもしれないし、どんな客層に興味を持ってもらっているんかも気になる。

そして、やっぱり多くの地元の人が見に来てくれていたり、なかなか客入りが良かったりするとうれしいし、ここで笑うの?リアクションを楽しむのも良いし、逆にあんまりに人が少なくて早期打ち切りになってしまわないように祈ったりしたり、一喜一憂するこの頃なのだ。(笑)

*今日のよぎーな豆知識 -加瀬亮- *

加瀬亮に関しては、近々新しいハリウッド映画にも出演しており、どんな役にもはまりそうな、多彩な役者さんなのだけれども、どうやらハリウッドでは戦争映画や日本兵士での起用が多いようなのだ。

イチローも住んでいるといわれている、シアトル近くの町、 Bellevue(ベルビュー)に幼い頃に住んでいたようで、英語の発音はとてもキレイで、アメリカ英語。

他の作品が目立ちすぎて、存在感が薄くなってしまったが、やはり一躍有名になったのが、『それでも、僕はやっていない』で、電車内での痴漢の冤罪に着せられた男性役が、アカデミー賞主演男優賞を獲得したりなど、絶賛された。

最新の映画はハリウッドで、Restless(レストレス)という映画にWWII(Wolrd War II・第二次世界大戦)時の神風特攻隊の日本人兵士のゴースト役、Hiroshiとして出演。

お葬式に出るのが趣味の謎の男の子に恋をした、末期症状の女の子と、日本人兵士のゴースト、ひろしとの出会いを描いた映画という、なんとも雲のつかみどころが無いような内容(笑)なのだが、ディレクターはあのショーンペン主演の政治映画『Milk』の人だというから、期待感もありつつ、やっぱり雲のつかみどころがない映画だと思うのだ。笑


1分8秒辺りに登場するので、興味があればチェック!

ついでに、アウトレイジの予告編。18歳未満・刺激の強い映像が苦手な方、心臓の弱い方はご注意下さい。



人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。相手の興味に合わせて、日本映画おすすめしてあげてくださいね!ついでにクリックもぽちっとよろしくお願いします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...