よぎーへの道 

よぎーへの道は、まだまだ長い。あっという間に2回目のワークショップが日曜日に迫ってきた。

今回のワークショップで学ぶのはMetapysics 、ざっくし、これが何かというと、どうやら、体と心のつながりがどうなっているかを紐解く考え方で、例えばヨガのポーズをやっている時にいつもはバランスが上手く取れるのに、【なかなか上手くバランスが取れない=集中する事ができない】というのは、何か悩み事があったり、困っている事、不安や悲しみなどが自分の気づかない所で起きていて、それをヨガする事で見つけ出す事ができる。確かに、これはすごくその通りの気がするのは、わたしだけだろうか?

邪心があたりすると、どうしてもバランスが取れないし、焦ってやっても重心を定める事ができない。ゆっくりと、呼吸を落ち着けて、自分の重心を見つける。

また、このワークショップでは課題が与えられており、ひとつ自分の好きなポーズをピックアップして、実際にティーチングをするというもの。わたしは、この課題に【ツリーのポーズ】をやることに決めている。



まっすぐ、両足のくるぶしとかかとの骨がくっつくくらいに近づけ、足の指を思いっきり広げる。背骨をしっかりとまっすぐ伸ばし、あごを少しひく、両手の指も広げ、自分の足から根っこが生えて、まっすぐとバランスを取るポーズ、【タダサナ】a.k.a Mountain Pose。足の裏から、ぐぐっと、足の付け根までに走るエネルギーの流れを感じる事ができる。力をめいっぱい入れて、強い筋肉を想像する。この山のポーズ、タダサナは非常に奥が深く難しい。ここからの派生で木のポーズ a.k.a Tree Poseになる。

左足を曲げ、足の裏を右足の付け根に合わせるようにつける。息を吸って、腕をまっすぐと上に上げ、吐く息で (Put your palms in front of your chest or heart. If you feel strong and you can go further, you can do half lotus ,then put your palm in front of chest. Bend your back to the front,down to the earth. feel strong muscle from your left leg and hip muscle.) 両手を胸の前で合わせる。呼吸は止めずにそのまま続けて、体を前に倒し、両手を床につけます。 右足、そして右足の裏の付け根からおしりの筋肉がぐっと伸びてるのを感じ、足からあがってくるエナジーを感じて下さい。だんだんと、体が熱を作り出し、体が温まってきます。

呼吸はそのまま、ゆっくり鼻から吸って、吐いて。呼吸の間隔が一定になるように、吸って、吐いて。呼吸が定まらない場合は、少し無理をしすぎている可能性があるので、足を曲げたり、少し楽ない体勢に戻し、呼吸の動き、肺の動きでゆっくりと筋肉の伸縮を感じるように集中します。

ゆっくり、5呼吸または10呼吸。そして、体を倒している人はあげて。立ったままの人はゆっくりと足を地面につけ、【タダサナ】 マウンテンポーズ、山のポーズに戻します。

そうすると、右足と左足、伸ばした方と伸ばしていない方の足でFeelingの違いを感じるはず。その違いに注意を傾け、逆足も同じに。

【Tadasana】山のポーズをはじめ、【Vrksasana】ツリーポーズ等のバランスを取る、バランシグポーズは特に、集中力が大事。そして、この集中をするバランスポーズは心の不安や悲しみ等、心の中に知らずにたまっている、わだかまりを取り除いて、浄化してくれる役割がある。

呼吸はヨガの中でももっとも大事な要素のひとつ。呼吸を整えるだけで、人は落ち着くし、脳みそに酸素がしっかりと届くので、心も穏やかになるし、冷静になれる。よくよく考えてみれば、ごく当たり前のことで普段の生活の間にも取り入れられているのではないだろうか?ちょっと取り乱したら、まずは深呼吸!とか。これも、呼吸だ。

ブリスベンにいる人もそうでない人も、近くの公園や山にいったり、ビーチにいったり。ちょっと落ち着けるところで、呼吸に意識を傾けて、ゆっくりと吸って・吐いてを繰り返してみてはどうだろうか。きっと、気持ちイイはずなのだ!

人気ブログランキングへ

↑↑↑今日も読んで頂いてありがとうございます。まだまだ長い、よぎーへの道!応援よろしくです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...