サイクロンの影とチベットフェス


まだまだ夏の暑さを感じさせるブリスベン。洪水被害もなんのその、様々なチャリティーイベントや夏のイベントは留まる事をしらない、今日この頃、みなさんアートや音楽も楽しんでますか?

と、その前に、以前に話したサイクロンヤシが、ケアンズに直撃する事が確実となった。

サイクロンの規模の大きさはカテゴリー1から5までで分類分けされており、ジョジョに勢力を増していった、第2弾のサイクロンヤシは急速な勢いでカテゴリー5まで成長してしまったのだ。

サイクロンヤシは今夜10時頃までに、オーストラリア大陸に上陸し、ケアンズ、タウンシビル周辺に直撃。そして、周辺約500kmの地域に甚大な被害を与えると予測されている。

ケアンズ周辺はサイクロン/ストームのよる被害は、受けているものの、最近のもので1974年にきた、Cyclone Tracy(サイクロントレーシー)の風速250kmを超える最大風速300km. また、以前最大の被害を受けたと言われるサイクロンラリーの2倍の大きさであるとされている。

今まで、被害に耐えてきた家や人々は、人生史上最大のサイクロンを迎える事となっている。
洪水被害から駆け巡り、疲労困憊のクイーンズランド州プレミアのAnna Bligh氏はブリスベンにて、

"This is 24 hours of some of the most frightening weather that most people will ever have experienced,"

"これから起きる、24時間は多くの人にとって、今までに体験したことのない恐怖の気象災害となるでしょう"

と伝えている。

そしてもちろん、このサイクロンが来ている間は外に逃げたりしない事。十分な準備をして待機するしかないようだ。多くの人はケアンズから抜け出し、シドニーに行った人もいるようで、もしまだケアンズにいるようであれば、避難するには少し遅すぎるので、十分な対策をすること。そして、サイクロンの目に入ったら、ものすごい静寂に覆われる事となるが、これもしっかりと注意をする事が必要だ。もちろん、サイクロンの目はどこにあるかわからないので、早まって外に出てしまうのは危険かもしれない。



[グレハウンドバス状況]

長距離バスのグレイハウンドオーストラリアのバス、ケアンズからロックハンプトン行きは、全てキャンセルになっているようで、これから逃げるのは少し難しいと思われます。

[Evacuation Centre/避難所]

避難所は基本的に、サイクロンが通過してからオープンされるようで、センターはまだ空いていないようだが、空港など、大きな地域の建物などに避難して待機している人も多いようなので、周辺の人たちとコミュニケーションをとって、しっかりと対策をしてください。

[ファーム状況]

キャラバンパークやテントで生活している人はとにかく建物に入るしかない。今回のサイクロンでもやはり膨大な被害を受けるのが農業だと思うと胸がいたい。特にバナナで有名なイニスフェイルのバナナは約12000本が被害を受けると予測されている。
2006年に襲った、サイクロンラリーによる被害で多くのファームが全てのバナナツリーの被害を受け、数年をかけて復旧したばかりだというのに、これから来るサイクロンヤシによる悪夢をただ指をくわえて見るばかりとなってしまうのが悔しい。

ケアンズ周辺在住、ファーム仕事をされている方は十分に、そして今までの最大規模のサイクロンが襲うという事を十分に理解し、被害状況が予測できないものだと思って、おおげさくらいの対策が必要になると思います。

皆様の無事を祈っております。
*****************************************************

このヤシの影響にもより、ブリスベンにもたくさん避難をしている人がいるようだ。避難つながりだと、少し無理やりになってしまうかもしれないが、わたしの大好きなNew Farmのブリスベンリバーのすぐそばに、Power house(パワーハウス)と呼ばれる、アートの建物がある。

カルチャーセンターと呼ぶと、少しイメージがわきやすいかもしれないが、元々は地域を支える発電所で1928年に建てられた古い建物である。多くの地域住民の電力の糧となった後、1971年にその仕事を終え、その後はオーストラリア政府の軍化学薬品所及び実験所として使われていたようだが、2000年5月に地域のアートや芸術を発信する、カルチャーの発信地として、新たに息を吹き込まれることとなる。元来の古い建てものをそのまま生かし、モダンアートの発表の場として劇場やコンサートホール、写真展が設置され、お洒落なバーやレストランといえば、穴場中の穴場で、多くのアートイベントが開催される場所であり、有名なアーティストも憧れる、知る人ぞ知る芸術ハウス、パワーハウス。もちろん、Brisbane festivalの際にも行われている。【芸術の都、ブリスベン】でも少し触れているので、興味がある人はみてほしい。



数々のイベントが行われるのだが、明日2月3日から、チベットフェスティバルが行われる。

[Brisbane Power House/ブリスベン・パワーハウス- Festival of Tibet]

砂の曼荼羅の体験アートなど、様々なチベットに関わるイベントが行われるので、是非この機会に見てみるのも良いと思う。わたしは、ブラッド・ピットが好きで、セブンイヤーズインチベットから興味を持ったリトルビット不純な動機からだったのだが、チベットに興味を持ち、カナダで映画のエキストラに出ていたチベット人と仲良くなる事が出来た。それからというもの、様々な話を聞いたり、興味を持ち、亡命政府のダラムサーラなどにも足を運び、気づいたら深く関わる事となり、ヨガと同じように身近な存在となってきている。

日本では政治色が強くなってしまいがちだが、アーティスティックなイベントとして、芸術の部分も垣間見られる機会はとても面白いと思うし、もちろん無料のイベン度なので、時間がある人は英語の勉強ついでなどで、立ち寄ってみてほしいと思うのだ。

人気ブログランキングへ

↑↑↑サイクロン十分に気をつけて下さい!ブリスベンにいる方は、チベットから避難しているチベット人の事も学んで見てください。ぽちっと、応援クリックもよろしくです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...